ペニス増大サプリの品質・安全性を重視するなら日本製の増大サプリがおすすめ

ペニス増大サプリを使用する際に気になるのが、品質や安全性だと思います。

 

日本製の増大サプリは厳しい品質管理が行き届いているので安心して使用することができます。

 

但し、海外製(特に中国製や東南アジア製)の増大サプリは不純物が混入したり、医薬品が配合されているケースがあるので購入を控えるようにして下さい。

 

 

 

ペニス増大サプリの品質・安全性を重視するなら、日本製の増大サプリが断然おすすめです。


 

 

 

 

配合成分(原材料)の安全性は問題ありません

天然由来成分が中心で、副作用の心配はありません

 

ペニス増大サプリに配合されている成分(原材料)は、主に天然由来成分が中心となっています。

 

そのため、医薬品とは異なり身体への栄養が穏やかで、重大な副作用が現われる恐れがありません。

 

配合されている成分は大きく、天然素材と合成素材に分類されます。

 

 

天然素材

天然の植物

 

植物や動物、酵母などから抽出された天然由来の成分のことです。

 

毎日安心して増大サプリを利用したいなら、より通常の食べ物に近くて吸収率・体内利用率の優れた天然素材がおすすめです。

 

例えばビタミンCに関しては、天然のビタミンCの方が合成のビタミンCよりも体内抗酸化率が高いと言うことが分かっています。

 

その他の成分に関してもビタミンCと同じようなことが言えます。

 

また天然素材は現時点では効果・作用が解明されていない成分も、一緒に摂取することができるというメリットも期待できます。

 

 

 

大半のペニス増大サプリは天然素材を中心にして配合しています。


 

 

合成素材

化学合成のイメージ

 

分子の主要な構造を変化させて製造された合成原料のことです。

 

天然素材よりも安価で製造できる、高濃度で配合できるというメリットがあります。

 

その一方で不要な化学物質(凝固剤や合成着色料、保存料など)を配合しなければならず、体内の吸収率が天然素材よりも劣ります。

 

 

 

安全面に関しては、天然素材も合成素材どちらも問題ありません。

 

増大サプリの副作用に関してもっと知りたい場合は、下記の記事を参考にして下さい。


 

⇒ ペニス増大サプリに副作用はないですが海外製の増大サプリには気を付けて下さい

 

 

 

添加物の安全性も問題ありません

 

ペニス増大サプリを製造する際には、原料だけでなく添加物を加えて作られます。

 

サプリメントにはハードカプセルソフトカプセル錠剤(タブレット)などの種類が存在します。

 

それぞれの形態のサプリメントに使用されている添加物は下記のとおりです。

 

 

ハードカプセル

ハードカプセルにはゼラチンやグリセリン、プルラン、HPMCなどの添加物が使用されています。

 

その他には原料の流動性を高めたり吸湿を防ぐ目的で、ショ糖脂肪酸エステルやグリセリン脂肪酸エステル、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素などが使用されています。

 

 

ソフトカプセル

ゼラチンやグリセリンを使用してカプセルを作ります。

 

また、レシチンやミツロウ、ショ糖脂肪酸エステルやグリセリン脂肪酸エステルなどの乳化剤を使用して、成分を均一に混ぜます。

 

 

錠剤(タブレット)

錠剤を固めるために乳糖や還元麦芽糖、結晶セルロース、微粒酸化ケイ素などの添加物が使用されています。

 

重量を増やすために麦芽糖やソルビトール、デキストリン、澱粉などが含まれています。

 

 

 

ハードカプセル、ソフトカプセル、錠剤(タブレット)に配合されているどの添加物も、身体に悪影響を及ぼす恐れはありません。安心して使用して下さい。


 

 

 

健康補助食品GMP認定を受けている増大サプリもあります

GMP認定を受けている増大サプリも多いです

 

ペニス増大サプリの中には製造工程の品質管理を徹底するために、健康補助食品GMP認定を受けている商品もあります。

 

健康補助食品GMP(Good Manufacturing Practice )とは、健康補助食品(栄養補助食品)における「製造管理及び品質管理の基準」のことです。

 

【GMPが誕生した背景】

 

このGMP認定は医薬品の製造する際に用いられる品質基準でしたが、サプリメントの普及が拡大したことによってサプリメントにおいても品質基準を作ろうという動きが増えてきました。

 

その流れから厚生労働省によって「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」というガイドラインが示されました。(平成17年2月1日付)

 

そして医薬品だけでなくサプリメントに関しても、成分(原料)の受け入れから加工、最終製品の出荷までの全ての工程において、製品の品質と安全性の確保に努める必要性が明示されることになったのです。

 

 

この流れを受けて、増大サプリもGMP認定を取得する商品がいくつか誕生しています。

 

現在、確認している中でGMP認定を受けている増大サプリは、ヴォルスタービヨンドアプソルシンです。

 

 

製造工程の品質管理

健康補助食品GMPでは下記の製造工程に関するチェック項目が用意されています。

 

製造工程 チェック項目
原料の受け入れ 受け入れ検査
原料の検査 試験成績書、抜き取り検査(一般生菌数、色、粒子サイズ等)
原料の計量 計量記録、トレーザビリティー確認
製造 ハードカプセル、ソフトカプセル、タブレット、顆粒等
検品 目視、カメラ検査
充填 計数充填機、重量充填機
最終製品の検査 抜き取り検査、分析(崩壊度試験、X線異物検出装置、微生物試験等)

 

 

上記の表を見てもらえれば分かると思いますが、ほぼ全ての工程が網羅されています。

 

実際に製造工場の査察を実施して、保存されている種類をチェックして、その結果を評価します。

 

GMPが求める規則と規格をクリアした企業・業者に認定証を発行しています。

 

また認定証をもらえば、そこで終了というわけではありません。

 

 

継続してユーザーに安心と安全を保証するために、認証した製造施設・工場を毎年監査をして、3年後には改めて監査認証を行います。


 

参考記事:GMPとは?〜一般社団法人・日本健康食品規格協会〜

 

 

 

その他の品質管理規格

 

品質管理規格の認定を実施しているのはGMPだけではありません。

 

その他にもHACCPや有機JAS認定などが挙げられます。

 

 

HACCP

HACCPのロゴ

 

HACCPとは「Hazard Analysis and Critical Control Point」の略称です。

 

【HACCPの概要】

 

まずは食品等の製造・販売事業者が食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握することからスタートします。

 

そして原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理して、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。

 

この手法は国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められた規格です。

 

 

従来の管理手法との違い

従来の管理手法は、最終的に完成した製品に対して規定した基準を満たしているかどうかを検査てし、その安全性を確認するものでした。

 

一方でHACCPによる衛生管理は、危害要因を各工程において分析して、重要な工程を重点的に管理します。

 

その結果、最終製品が安全であることを証明するものとなり、私たち消費者に確実かつ安全な製品を提供することが可能となります。

 

さらに問題が発生した原因の追及もしやすくなるというメリットもあります。

 

 

【参考記事】
HACCPとは?〜厚生労働省の公式サイト〜

 

HACCPとは?〜HACCP認証協会の公式サイト〜

 

 

 

有機JAS

有機JAS認定のロゴ

 

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査して、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることが許されます。

 

この有機JASマークがない農産物と農産物加工食品に、「有機」や「オーガニック」などの名称の表示や、紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

 

つまり有機栽培をしている成分を配合しているサプリを販売している場合は、是非とも取得したい認定だと言えます。

 

【有機加工食品の生産原則】

 

原材料である有機農産物及び有機畜産物の有する促成を製造、又は加工の過程において保持することを旨とし、物理的又は生物の機能を利用した加工方法を用いて、科学的に合成された添加物及び薬剤の使用を避けることを基本として生産すること。

 

参考記事:有機食品の検査認証制度〜農林水産省の公式サイト〜

 

 

 

現時点ではHACCPや有機JAS認定を受けているペニス増大サプリはありません。

 

他のサプリメントではいくつか登場しているので、今後は増えてくる可能性はあります。


 

 

第三者機関に検査を依頼している増大サプリ

もちろんGMPなどの認定を受けなくてはいけないという義務はありません。

 

上記で紹介した認定規格ではなく、独自に安全性に関する検査を実施している増大サプリも存在します。

 

例えば、ペニスブーストギムロットαでは、配合成分の分析を行い、有害物質が混入していないかどうかを第三者機関に依頼して検査をしています。

 

公式サイト内にその検査結果が掲載されていて信憑性が高いです。

 

 

 

中国製や東南アジア製の個人輸入は控えよう

海外製の増大サプリは危険が多いです

 

ペニス増大サプリは国内製の商品だけではありません。海外で製造されている商品も数多く流通しています。

 

インターネットが利用できるなったことで、簡単に海外製の増大サプリを個人輸入で購入することが可能になっています。

 

国内製はある程度の品質の有効性や安全性が確認されていますが、海外製は日本国内の法律(ルール)は適用されていません。

 

つまり、国によっては日本国内よりも粗悪な製品が流通している可能性があります。

 

 

管理体制が行き届いていない杜撰(ずさん)な工場で製造されているケースも多く、サプリメントの中に不純物が混入している可能性も指摘されています。


 

 

記載内容を正確に理解することが難しい

個人輸入されている増大サプリは、効能・効果、用法・用量、使用上の注意等が外国語で記載されているため、記載内容を正確に理解することが難しいです。

 

英語なら何となく把握できますが、中国語やタイ語、マレー語などで記載されている場合はそれらの言語に精通していない限りは理解できません。

 

仮に記載内容を正確に理解できたとしても、規制当局により認められていない効能・効果、用法・用量等が記載されていることがあります。

 

実際に医薬品成分(シルデナフィルやヨヒンベ)が検出された事例も数多く報告されています。

 

また、その製品を使用することで起こり恐れがある副作用や望ましい成分・分量などがきちんと記載されていないケースもあります。

 

参考記事:医薬品等を海外から購入しようとされる方へ〜農厚生労働省の公式サイト〜

 

 

 

まとめ

 

上述しているとおり、品質や安全面を重視して増大サプリを購入する場合は、日本製の商品から選ぶようにしましょう。

 

日本製の増大サプリは配合成分(添加物を含む)はもちろんですが、製造している工場の品質管理体制もしっかりと行き届いています。

 

逆に海外製(特に中国製と東南アジア製)の増大サプリの購入は危険です。

 

製造環境が劣悪で不純物がサプリ内に混入する恐れがあるだけでなく、日本国内で認められていない医薬品成分が含まれている恐れがあるためです。

 

 

日本製のペニス増大サプリを購入して、安心・安全にサイズアップを実現させましょう。


 

 

 

コスパで選ぶ!ペニス増大サプリランキング

ペニス増大サプリランキング


「ペニス増大サプリ選びで失敗したくない!」と考えているなら、下記のランキングを参考にして下さい。

数ある商品の中から無理なく続けられるコスパに優れた増大サプリをランキング形式で紹介しています。


 

金銭的な負担を軽くしながら、しっかりとサイズアップを目指すことができます。


増大サプリランキング